HOME > 当社について > 代表者略歴

当社について

メンバー

 

若林 拓朗 (代表取締役)

1989年 株式会社リクルート入社。法務、新規事業開発、ベンチャー投資等の業務を経験。
2001年4月 当社を設立し、代表取締役に就任。現在に至る。
多くの投資先企業の取締役・監査役に就任するなど、投資先企業の経営に直接的に関与。
東京大学法学部卒業 インシアード(INSEAD)MBA

投資先の主な役員就任歴
  • ㈱ペルセウスプロテオミクス 取締役
  • サンキ㈱ 取締役
  • ㈱テクノスター 監査役(現任)
  • 先端フォトニクス㈱ 監査役(現任)
  • ㈱ティムス 代表取締役(現任)
  • ㈱バイオメッドコア 取締役(現任)

LinkedInのページはこちら



松本 吉彦 (アドバイザー 工学博士)

東京工業大学特任教授 JX日鉱日石エネルギー㈱新エネルギーシステム事業本部

アスキー・マイクロソフトの創業メンバー(1978年)。1980年に日本マイクロハードを創業し、IBM互換PCの心臓部を日本大手メーカー十数社に供給。1987年よりアスキー社技術顧問として様々な米国ベンチャー企業に関与(Power Computing、Biscuit Networks等)。
2000年前後から環境・エネルギー問題によるパラダイムシフトに関心を寄せ、PC革命に続くエネルギー革命の到来を予想し、以来一貫して新エネルギー関連事業に携わる。

LinkedInのページはこちら



ロバート ケネラー (アドバイザー 医学博士・法学博士・公衆衛生学修士)

東京大学教授(先端科学技術研究センター)

米国国立衛生研究所がんセンター(NIH/NCI)にて疫学研究、のちに技術移転専門官。1997年に安倍フェローシップを受け、東京大学先端科学技術研究センターにて技術移転の研究に携わる。
1998年9月より現職。生命科学分野における研究成果の技術移転、産学連携、新薬開発、バイオベンチャー、利益相反問題などを研究。2007年にベンチャーの日米比較を行った「Bridging Islands」(Oxford University Press)を出版。過去10年(1998~2007)の新薬開発のもととなった発明とその開発過程を分析し、バイオベンチャーの役割を明らかにした論文がNature Reviews Drug Discoveryに掲載。

業績等はこちら

 

Advanced Science and Technology Enterprise Corporation

先端科学技術エンタープライズ株式会社